第54回 日本側彎症学会

会期
2020年11月6日(金)~8日(日)
会長
竹下 克志(自治医科大学整形外科)
WEB-LIVEは終了いたしました。
多数のご参加、ありがとうございました。

What's New

2020.09.23
事前参加登録を開始いたしました(2020年9月25日(金)正午~11月8日(日)12:00まで)
2020.09.23
学会の開催形式変更に関するご案内参加者へのご案内を掲載しました。
2020.07.01
演題募集を締切りました。多数のご応募、ありがとうございました。
2020.06.17
演題募集を6月30日(火)正午まで再延長しました。
2020.06.02
演題募集を6月18日(木)正午まで延長いたしました。
2020.04.14
演題募集を開始いたしました。
2020.04.09
演題募集を掲載いたしました。
2020.01.22
ホームページを公開いたしました。

よく見て・よく聞いて・よく話す

WEB-LIVE開催決定について

2020年8月27日

2020年11月6日(金)、7日(土)に開催を予定しておりました第54回日本側彎症学会は、WEB開催とさせていただくことが決定しました。

今年に入り世界中を混乱に陥れた新型コロナウィルスにより、特に欧米では側彎症の診療がストップしている状況のようです。日本でも一部の地域は同様の事態であり、全国的には運動器検診が延期されることで側彎症の早期発見が困難となり、適切な治療機会を逸するリスクが生じています。未曾有の状況に対し、打開策を検討するには学会で討論することが重要であります。しかしながら、今後の感染拡大の恐れを考慮し、苦渋の決断ではありますが今回の学会はオンラインでの開催とさせていただきました。

オンライン開催へ変わり、側弯関係者が実際に一同に会する利点が失われるのですが、逆にオンラインで行うメリットを最大限生かした開催に向け鋭意準備を進めている所です。下記のような開催様式を予定しておりますので、例年通り是非ともご参加をいただければ幸甚です。まだまだ予断を許す状況ではなく、学会の開催様式にも変更が出る可能性がありますので、色々とご不便をおかけすると思いますがご容赦ください。

詳細につきましてはホームページにて順次ご連絡申し上げます。

会 期:
11月6日(金)~ 8日(日)
*5日の乳幼児脊柱変形(症例検討)セッションは5日の夜に開催する予定です。
形 式:
Web-Live開催はシンポジウム、セミナー、一般口演は全てライブ形式で行う予定です。
海外の先生の口演についてはオンデマンドにて配信いたします。

第54回日本側彎症学会
会 長 竹下 克志

Return Top